痒い所に手が届く様々なシステムがある飲食POSレジを導入しよう

お会計

少ない設備予算で飲食POSレジでテーブルオーダーが導入可能

レジ打ち

オーダー業務から調理効率の改善、そしてメニュー提供の時間短縮を図るため、テーブルオーダーシステムの導入を検討していませんか?しかし専用システムとなり、見積金額が高額となって導入を断念しているなら、市販のタブレットが使用できる飲食店向けPOSレジを導入しましょう。
今では、POSレジも小型化どころかタブレット端末とキャッシュドロア、そしてプリンタとシステムアプリだけの最小構成になっています。そして専用アプリを入れるだけのものPOSレジも多く、市販されているものが使用できます。そのため、個人経営の飲食店でも有名なチェーン店と同じように、セルフオーダーシステムの導入が可能になっています。飲食店心配なのがセルフオーダー用端末ですが、これも市販のタブレットが使用でき、専用アプリが動作するのであれば、安価なものや中古でも問題がありません。そのため、管理端末とシステムそしてテーブルオーダー用端末を含めて数百万円もかかっていたものが、POSレジなら客席数により差があるものの、数十万円や十数万円で実現することもできます。また、飲食店向けPOSレジはランニングコストも安く、月額料金は数千円程度のものもあります。消費税法の改正やシステムのアップグレード対応も含まれ、高価で買い切りの専用システムと比べて、将来的に高額な設備投資の不安もありません。

Article List