痒い所に手が届く様々なシステムがある飲食POSレジを導入しよう

お会計

飲食POSレジの導入は調理時間の削減も実現可能

POSレジ

飲食店において、オーダー業務から注文業務にて時間的な無駄が生じることは少なくはありません。オーダー用紙とペンによるオーダー業務の場合、キッチンまでの情報伝達にロスが生じます。また、オーダー用紙での管理はリアルタイム集計が行えず、同じメニューを繰り返し調理することもあります。そんな無駄を飲食店向けPOSレジを導入することで解決できます。
POSレジのメリットは、距離の概念がなくなり、さらには同時オーダー受付も実現できます。つまり、飲食店の中においてさまざまな場所から同時注文により、タイムロスが生じることなくキッチンへ伝達され、調理に取り掛かるまでの時間が短縮されます。また、POSレジはリアルタイムでの集計を行っており、同じメニューが同時もしくは追加オーダーされた場合、直ぐに把握することができ同時調理を実現できます。その結果、メニュー提供までの時間短縮だけでなく、反復作業がなくなり時間的な余裕も生まれます。POSレジで調理時間の短縮が図られることで飲食店の回転効率も良くなり、同じ時間でより多くのメニュー提供や集客アップも実現できます。また、下準備の共通化により、さらに時間短縮も実現できるだけでなく、POSレジで得られたビックデータ解析することで、事前準備も確実性を考慮できるようにもなります。

Article List