痒い所に手が届く様々なシステムがある飲食POSレジを導入しよう

お会計

地域密着型の飲食POSレジとは

カード決済

日替わり定食やランチメニューに力を入れる地域密着型の飲食店の多くは、依然として現金決済です。そのために売り上げ計算が煩雑になったり、食材の仕入れなどに非効率が生じることもあります。しかし飲食店向けのPOSレジを導入すると、現金に加えてカードや電子マネー決済にも対応できるようになります。POSレジ導入でキャッシュレス化を推進すると、日常的な計算業務も効率化して、スタッフの負担も軽くなります。しかし地域で親しまれている飲食店の多くが小規模事業者であり、設備の導入で大きな資金を使えないという問題もあります。けれども低料金のPOSレジの利用プランもあるので、年商5000万円未満の店舗でも活用しやすいです。またサービスを提供している業者と相談すると、営業規模に合わせて最適な利用プランを示してもらえます。店内での飲食に加えて持ち帰り弁当も販売するなど、フードビジネスの事業形態の多角化も進んでいます。一方で店内での飲食とテイクアウトでは、適用される消費税率が異なるという問題も生じています。そのような場合には複数の税率に対応した最新鋭のPOSレジを活用すると、消費税の納税に向けた準備も円滑に行えるようになります。

Article List