痒い所に手が届く様々なシステムがある飲食POSレジを導入しよう

お会計

飲食POSレジを店で導入するメリットとは

飲食店のスタッフ

飲食店でも導入する店が増えている飲食POSレジですが、導入する事でどのようなメリットが期待できるのでしょうか。
飲食POSレジは売上データの収集と分析が会計と同時に行われるので、リアルタイムで販売動向がチェックできます。またすべての情報がクラウド上にアップされるので、経営者が店に居なくてもスマホやパソコンから随時見る事ができます。飲食店の多くが現在も紙伝票を使用していて、手作業で閉店後に売り上げの計算をしていますが、飲食POSレジを導入する事で全て自動で計算してくれるので、閉店後の業務も大幅に短縮する事が出来ます。
さらに複数の店舗を経営している場合でも、それぞれのお店の売り上げ情報がクラウドにアップされて一括に管理されるので、お店ごとに売り上げを電話やメールで報告させる必要もありません。業務に携わる人員を削減できるので人件費を抑えられます。
さらに飲食POSレジが収集するデータはその都度アレンジできるので、例えば客の年代や性別などを売り上げに紐づけて記録するようにすれば、人気の傾向に合わせて提供する商品の取捨選択や、販売戦略の見直しなども容易に行えます。またリアルタイムで売り上げが記録されることで、飲食店ではありがちなスタッフによる売り上げのごまかしといった、不正を防止する効果が期待できます。商品の金額は予め登録できるので会計時に金額を打ち込む必要がなく、不正だけでなく打ち間違いによるミスも減らせます。

飲食店の人手不足解消に飲食POSレジを導入しよう

飲食店の経営者やマネージャーの方、人手不足に悩まされていませんか?また、アルバイトやパートにより労働力は確保できているものの、学生アルバイトが多く毎年のように入れ替わりがあるというのであれば、飲食店向けの飲食POSレジを導入しましょう。
飲食POSレジを導入することで、最低限のホールスタッフで業務をこなすことができます。今までは、注文と配膳までホールスタッフが対応し、注文を受けている際は配膳が止まってしまうという問題が生じたものの、飲食POSレジを導入することによりセルフオーダー式が採用でき、ホールスタッフを必要以上に動員する必要がなくなります。結果、人手不足の問題を解決することができます。また、学生アルバイトの入れ替わり問題で生じるのが、教育の問題であり、一定期間の研修が必要になります。結果、毎年のように2ヵ月の間オーダーを受けることに対する戦力低下があったなら、飲食POSレジで解決できます。セルフオーダー式ならメニューを覚える必要がありません。また、オーダーを受ける方式でもタブレット端末を使用するため、スマートフォン操作に慣れた若い人なら30分や1時間の導入教育で端末の扱いに慣れることも可能です。飲食店向けの飲食POSレジの導入により、人手不足が解消されるだけでなく、業務負荷の少なさから人気のアルバイト先として評価される可能性もあります。飲食POSレジで人材不足を解決しましょう。

効率よく店の情報管理ができる飲食POSレジを活用しよう

飲食店においては、ホールサービスや調理といった飲食物提供に関する実務も大変忙しいものですが、それだけではなく、情報管理まわりの事務仕事も、店舗の規模によっては大きな負担になります。例えば、飲食店においてはメニューに季節感を持たせることが売り上げを維持向上するために欠かせません。しかし、店舗が沢山あるチェーン店の場合、季節ごとのメニューの入れ替えを各店舗で担当すると、変更の手間がとても煩雑な上に、変更内容に間違いがないよう各店舗でしっかり確認する必要があります。飲食店用の飲食POSレジを導入すると、このような場合は、中央でメニューを変更して、飲食POSレジの機能を使って各店舗に変更後メニューを配信することが可能です。中央管理でメニュー変更を行えば、各店舗でのメニュー変更の手間が省ける上に、配信前に変更後メニューを確認しておけば、店舗によって変更内容が違っているといったミスも避けられます。
飲食店での事務仕事は、あくまでも料理を作って提供するというメイン業務を支えるためのものです。そこに、人件費であれ時間であれ、あまり多くのリソースを費やずに効率よく管理するには、飲食POSレジを活用するのが最善の対策と考えられます。

Article List